商品企画・マーケティング

BL010-aremoshikashite20140810_TP_V (1)
女性にとっての人気の職業ランキングでは、商品企画・マーケティングが、ほとんどの場合において上位にランクインしてきます。
実際に、就活で商品企画ができる部署へ就職をしたいと思っている方、または転職をしてみたいと考えている方は、多いのではないでしょうか。
商品の開発や販売戦略を考案する際に、自分の意見が反映される事で、やりがいを感じる人が多くいます。
今回は、女性に人気な職業の1つ、商品企画・マーケティングについて、それぞれご紹介したいと思います。

商品企画

仕事内容

商品企画は、新しい商品の開発、もしくは既存の商品を改良するお仕事です。
商品を企画するにはきちんとした順序があります。
アンケートやその他のデータ、街頭で聞き取りなどをして、まずは消費者のニーズを分析し踏まえた上で、今後どのような商品が売れるかを考え、開発を開発します。

必要なスキル

職業上データを分析する必要があるので、数字に強いほうがいいでしょう。
また現在の流行に目を光らせないといけないので、情報収集力も問われます。
これらを踏まえつつ先読みをした上で、新しいアイデアを生み出さないといけないので、創造力も求められます。

マーケティング

仕事内容

マーケティングは、開発した商品を売るまでの流れを担うお仕事です。
価格設定や、商品の流通を滞りなく進めるための宣伝方法の考案等をします。
商品企画との大きな違いは、現在の状況にも照らし合わせた対策を練る必要がある、という事です。
市場の動向や商品の売れ行きを注視しなければならず、それに合わせた販売施策を立案し続けなければなりません。

必要なスキル

情報分析力や情報収集力はもちろんですが、マーケティング理論について勉強をすればいいでしょう。
統計分析や調査の方法論、販売予測等が内包された学問なので、学んでいても損はないはずです。

まとめ

商品企画とマーケティングは混合されがちですが、お互いに密接した関係にあることには変わりありません。
商品企画の前段階である消費者のニーズの調査には、マーケティング的な要素が含まれています。
反対に、マーケティングをした結果、商品企画に何かしらのフィードバックがあるかもしれません。
女性にとって憧れの職業である商品企画・マーケティングですが、それぞれが混同されがちなので、就職する際に、企業ごとに調べたほうがいいかもしれません。
ですが、自身のアイデアが反省されるかもしれない、という点では共通しています。
なので、女性のさらなる活躍が期待される現代において、商品企画・マーケティングは魅力的な職業ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする