エステティシャン

skincareIMGL7969_TP_V (1)
女性がなりたい職業ランキングで、近年上位に顔を出しているのが、エステティシャンです。
エステティックの意味は、全身美容です。
すなわちエステティシャンとは、美容のスペシャリストです。
美を追求する女性にとって人気な職業であります。
ですが、エステティシャンはどういう仕事をしていて、またはどういうスキルが必要なのか、知っている方はあまりいないのではないでしょうか。
今回は、エステティシャンという仕事について、ご紹介したいと思います。

仕事内容

エステティシャンとは、美肌の専門家です。
来店した方からまずはカウンセリングを行い、どのような悩みを抱えているか聞きます。
そして、要望に合った施術、例えばボディケアやフェイシャル、脱毛などを行います。
今よりも美しくなりたい、悩みを解決して前向きになりたいと思っている方が来店します。
なので、しっかりとヒアリングとカウンセリングを行い、術後の経過や心身の変化を聞き取る必要があります。
エステティシャンの基本的な職場はエステサロンですが、ホテルやリラクゼーションサロンなど、活躍の場は広がりつつあります。

エステティシャンに求められるもの

エステティシャンになる上で、特別な資格などは所持する必要はありませんが、やはり美容に関する専門的知識は求められます。
知識がなければ施術は行えませんし、何よりも、不安を抱えながら来店したお客さんを安心させるために、継続的な勉強は必要でしょう。
一対一の商売であるため、コミュニケーションスキルも必要です。
信頼関係は対話なしでは成り立ちません。
そのため、ヒアリングやカウンセリングだけでなく、施術中も場合によってはコミュニケーションを取り、リラックスしてもらう事も重要です。

まとめ

エステティシャンは女性に人気な職業の1つでありますが、お客さんに満足してもらうために、様々なものが求められます。
そして、エステティシャンは一対一の対人商売なため、1人1人にマッチした適切な施術をする必要があります。
最初のうちは、仕事が滞りなく進むことはあまりないかもしれませんが、お客さんと二人三脚で改善をしていくうちに、やりがいを見出していく人が多くいます。
美容に興味があり、エステティシャンになりたいと考えている方は、参考にしていただきたいたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする