保育士

保育士

女性がなりたい職業で不動の人気があるのが保育士です。
保育士は小さな子供達の面倒を見る仕事ですが、「子供が好き」という理由でなりたい人が多いようです。
子供と接するのは楽しいけれど、それ以外の仕事はどんなことがあるのでしょうか?
今回は保育士の仕事内容や保育士に求められるものについてお話ししていきます。

仕事内容

保育士の仕事は、子供たちの生活全体のお世話をしながら、心身の発達を促し、社会性を養うことです。
そして、食事や睡眠、排泄、清潔さ、衣服の着脱などの基本的な生活習慣を身につけさせることです。
子供の成長にとって重要な役割を担っていると言えるでしょう。
それでは、保育士の仕事内容を1日のタイムスケジュールとともに紹介します。

午前

出勤したら、まず開園の準備を行います。
部屋の掃除や換気、スケジュールの確認、朝礼などを済ませ、開演の時間になったら子供たちを迎え入れます。
子供たちの登園が済んだら朝の会を始めて、朝の挨拶や出席確認、体操などを行います。
その後は自由遊びや散歩など、プログラムに沿って活動します。

午後

お昼が近づいてきたら手洗いうがいを促し、お昼ご飯の準備を始めます。
保育士は子供達の様子を見ながら一緒に食事をとります。
昼食を食べ終わったら後片付けを行い、子供達に後片付けと排泄などをさせ、布団を敷いてお昼寝の準備を始めます。
子供達が布団に入ったら、絵本などを読み聞かせてお昼寝をさせます。
子供達が寝ている間は、会議や連絡帳への諸連絡の記入、休憩をします。

夕方

お昼寝が終わったら室内や園内で遊ばせ、保護者のお迎えを待ちます。
お迎えが来たら保護者に連絡帳を渡してその日の連絡事項を伝えます。
子供達を見送った後は、園内の掃除・片付け、戸締りをして勤務終了です。

保育士に求められるもの

保育士に求められるものは主に3点あります。

子供が好き

保育士の仕事は当然ながら子供が好きなことが何より大事です。
子供を思いやる優しさや一緒に楽しんだり悲しんだりする感受性が必要とされます。
待遇は決して良いとは言えない仕事のため、子供が大好きでやりがいを感じる人でないと続けていくことは難しいかもしれません。

体力

子供と遊んだりあやしている保育士の姿は、楽しそうに見えますが、実際にはかなりの体力が必要となる仕事です。
子供を抱っこしたり、一日中元気な子供達の相手をするのはとても大変です。
どんなに疲れていても、子供の前ではそうした姿を見せないようにすることも大切です。

視野の広さ、体調の変化に気がつく力

複数の子供を見ながら、時間や園によってはカリキュラムも気にしつつ、常に体を動かしていなければなりません。
子供達が遊んでいる時に、怪我や事故の無いように常日頃から気を配ることが求められます。
また熱っぽい、咳が多くクシャミが多い、汗を多くかいている、食欲が落ちているなど、ちょっとした子供の変化に気づくことです。
これは、普段から園児ときちんと向き合わなければ出来ません。
それに加え、インフルエンザなどの感染症が流行って来た時は広まる可能性もあるため、より慎重に見る必要があります。

まとめ

保育士の仕事内容やスケジュールは園によってさまざまですが、子供達の成長をサポートでき、雇用形態や勤務時間を比較的選択しやすい点は共通しています。
保育士は子供が好きで柔軟な働き方をしたいと考えている方にオススメの職業です。保育士になるためには保育士資格を取得する必要がありますが、子供が好きならきっと夢を叶えられるはずです。
まず資格について調べるところから始めて見てはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする