ブライダルコーディネーター

images
女性に非常に人気のある職業の中の一つに「ブライダルコーディネーター」という職業があります。
ブライダルコーディネーターはなぜ女性に人気で、どのような仕事をするのでしょうか。
名前は聞いたことあるけれど、仕事内容までは把握できていない職業は数多く存在しています。
今現在、転職しようか悩んでいる方や別の職業に興味を持ち始めたというかたは、ぜひ参考にして見てください。

仕事内容

ブライダル コーディネーターはウエディングコーディネーターとも呼ばれますが、主に結婚式をプロデュースする仕事です。
結婚式は予算や日取り、衣装などもろもろ準備することが山積みです。
カップルの要望を聞きながら予算内に最善の提案を行います。
ブライダル コーディネーターの仕事の本番はここからです。
実際に結婚式を挙げることが決まったら、事前準備に取り掛かります。
式当日の司会者選定、照明・音響、料理の手配などをスタッフに的確に指示していきます。
そして、結婚式当日も会場全体を見て、スタッフを動かしていきます。
どんなトラブルが起きてもフォローができるように、会場の脇で進行をチェックしながら立ち会います。
無事結婚式が終わっても後片付けの段取りなどの支持をしなければならないため、休む間もありませんが、結婚式を終えて新郎新婦が幸せな時間を過ごせたことに、非常に喜びを感じます。
新郎新婦の一生の思い出になるので、プレッシャーが大きい仕事ですが、その分やりがいの大きい仕事と言えます。

ウエディングプランナーになるためには

ウエディングプランーになるためには、必要な資格や専門学校へ必ず通っているだけではありません。
もちろん、ブライダル 系の知識を持っていることに越したことはありませんが、取らなければならない資格や特別な教育を受けなくても、ウエディングプランナーになることができます。
中には、アルバイトなどからブライダル業界に入り、現場で慣れていきながらスキルアップし、ウエディングプランナーになる人もいます。
ウエディングプランナーになるための正解のルートはないので、自分自身に合った方法でウエディングプランナーになることが一番の近道かもしれません。

まとめ

ウエディングプランナーは、特別な資格や教育を要せずなれる職業です。
そのため、多くのブライダル業界に興味を持っていたり、転職を考えている方にとっては入りやすい業界とも言えます。
しかし、その分大変なこともありますが、お客様の一生の思い出に立ち会い、創出する仕事は非常にやりがいのある仕事です。
少しでも、ブライダルやウエディング系の仕事をしてみたいと考えているのであれば、ウエディングプランナーという仕事を考えてみても良いかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする